自動車が必要ならドクターにしっかりと相談をしよう

事故を起こさないためにも

女性 うつ病になると症状や服用する薬によって、自動車の運転ができなくなる場合があるので気をつけましょう。利用している医者に聞けば運転しても大丈夫なのか分かりますし、駄目ならば今後のサポートをしっかりと行ってくれます。

詳しく見る

車に乗れるかどうか

医者 うつ病であっても車の運転は行えるので、メンタル系のドクターに判断してもらって乗れるかどうかを確認しましょう。もしも、これから医療施設を探すというのなら、車の運転に影響を及ぼさないため、できる限り処方薬を利用しないところを選びましょう。

詳しく見る

様々な症状がある

医者 俗にいううつ病というのは大うつ病性障害と呼ばれており、その他にも双極性障害や気分変調性障害などの違った症状があります。家庭生活では車の運転なども無理にさせないことも必要ですが、過保護になってもいけないので家族のサポートで回復します。

詳しく見る

心療内科に行こう

運転する女性 うつ病で自動車を運転する場合には、抗うつ剤を飲んでいる時はとても危険です。そのため、薬を飲むにしても効果がそこまで強くないものを選んでもらいましょう。うつ病を治す場合は、精神科や心療内科に行けば問題を解決してくれるはずです。

詳しく見る

事故を起こさないために

運転する女性

自動車に乗ってもよいか確かめること

メンタル系の病気を患ってしまうと、周りに危険を及ぼすということから、自動車の運転を行うのが禁止になる場合があります。そのことを知っているうつ病の方は、自動車を運転するのはまずいのではと考えてしまっていることもあるでしょう。しかし、禁止されるメンタル系の病気は、幻覚を伴うものなどが指定されているため、重傷ではないうつ病の場合はまったく問題がありません。もしも、それでも自動車を運転しても大丈夫なのか不安に感じるのなら、メンタル系の医療施設のドクターに質問をしてみるとよいでしょう。ドクターからOKだといわれたのなら、安心して自動車を運転できるようになるはずです。なお、うつ病かもしれないという段階ならば、運転の心配をする前に、まずはメンタル系の医療施設を訪れることを考えましょう。精神科がもっとも適していますが、うつ病ならば心療内科でも診てもらえるため、どちらを訪れても大丈夫です。ただし、どちらとも事前連絡が必須といわれる診療科なので、連絡方法を調べて予約を取るようにしましょう。そこそこ人気になっているメンタル系の医療施設の場合は混んでいるケースが多々あるので、早く不安を拭い去りたいのなら、早急に予約のための連絡をおすすめします。

うつ病が自動車を運転しても大丈夫な病気だと分かり、今の生活が不便になることがないのでホッとした場合もあるでしょう。しかし、メンタル系の医療施設で薬を処方されている場合は注意しなければいけないことがあります。それは、うつ病を治療するための薬の中には、服用後の自動車の運転が禁止されているものもあるからです。我慢することが難しい眠気に襲われるような薬もあるため、自動車の運転をしてはいけないのです。もちろん、すべての薬が悪影響を及ぼすのではないため、まずは飲んでいる薬がどのようなものかきちんと説明してもらいましょう。『運転して大丈夫なのか』という質問をすれば、ハッキリと自動車に乗れるかどうか教えてくれるはずです。もしも、自動車は無理だといわれたのなら、違う薬に変更してもらえないか相談をしてみましょう。うつ病に効果がある薬はいろいろとあるため、もしかするとほかのものに変更してもらえるかもしれません。現在では、薬をまったく使わない治療方法を提供してくれるところもあるので、そちらのメンタル系の医療施設を頼るのもよいでしょう。大きな事故を起こす可能性が高くなるため、何も対策をせずに、そのまま運転をするのは絶対にやめるべきです。